au povo ポヴォ KDDIスマホ料金 2021年3プラン

au 2021年 3つの料金プラン 変更手数料はかからない見込み技術
技術

au povo (ポヴォ) KDDIオンライン専用新料金をふくむ3つの料金プランを発表:

2021年au料金プランは20GBが月額2,480円のauのオンライン専用の新料金「povo (ポヴォ)」を含む3つの新体系となる見込み。

2021 auスマホ 3つの料金プラン
  1. povo(オンライン専用)
  2. au(大容量)
  3. UQmobileくりこしプラン(中小容量)

2021年1月13日付KDDI株式会社・沖縄セルラー電話株式会社のニュースリリースによれば、月間データ容量20GBを月額2,480円でご利用いただける、auのオンライン専用の新料金ブランド「povo」を2021年3月から提供開始すると発表。

なお、3料金プランの変更手数料は実質的に無料※の見込み。
これまでau, UQmobileを利用していたユーザーもふくめ「すべてのお客様が自分にあったプランをいつでもご選択いただけます」とのこと。

※(実質的に無料)2021年1月13日付au発表によれば、「au」「UQ mobile」「povo」間の移行手続きにおいて、当面は「契約解除料」「番号移行手数料」「新規事務手数料 (UQ mobileでは、SIMパッケージ料金)」を一度請求されるが、翌月以降の移行先のご利用料金から割り 引きされる見込み。

詳しくは、au ホームページ(2021年1月13日au発表会)または、KDDI株式会社ホームページ(リンク後述)を参照。

以下、ニュースリリースや報道から要旨を報告(メモ)。
(画僧出典) auホームページ

スポンサーリンク

au povo ニュースリリース(要旨)

(出典)KDDI ニュースリリース(~利用スタイルに応じてトッピング形式で、「データ使い放題 24時間」など自由にカスタマイズが可能~、KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社、2021年1月13日

KDDI、沖縄セルラーは、月間データ容量20GBを月額2,480円でご利用いただける、auのオンライン専用の新料金ブランド「povo」を2021年3月から提供開始する。


「povo」はオンライン型携帯電話事業に幅広い知見と実績を有するCircles Asia (本社: シンガポール、Co-Founder/Director: Abhishek Gupta) と協業し、オンラインでの簡便な手続きなどによる先端のデジタル体験を提案する新料金ブランドとして展開。

オンラインでお手続きいただくお客さまのニーズを踏まえ、受付拠点や提供するサービスを厳選し、効率化を図ることで、リーズナブルな価格を実現するとのこと。

「povo」コンセプト

「povo」はシンプルで柔軟性の高いプラン設計がコンセプト。月額2,480円で使えるデータ容量20GBに加えて、オンラインで自由に選択可能な、さまざまな追加トッピングが用意されている。


第1弾として、200円の追加料金でお申し込みから24時間データ通信が使い放題となる「データ使い放題 24時間」でオンライン授業や会議など一時的な大容量のデータ利用ニーズにお応えする。

ほか、月額500円で5分間までの国内通話が無料でご利用いただける「5分以内通話かけ放題」などを提供します。

追加トッピングは、お客さまのニーズに応じて順次拡充されるとのこと。

povo 5G 4G LTE ネットワーク

加えて、「povo」では、auの高品質な5G・4G LTEのネットワークを利用するため、安心で快適なデジタル体験をお楽しみいただけます。5Gは2021年夏に対応予定です。なお、キャリアメールには対応していないとのこと。

「povo」の料金プラン

新発想の料金プラン「povo」誕生

povo の特徴

■「povo」について

特徴
20GBが月額2,480円でご利用可能 (20GB超過後でも最大1Mbpsの通信速度)
24時間データ通信が使い放題となる「データ使い放題 24時間」を月に何度でも利用可能 (200円/24時間)
オンラインに特化したシンプルな手続きを実現 (eSIMにも対応予定)
高速、大容量の5Gネットワーク (2021年夏予定)、人口カバー率99%超の4G LTEネットワークで快適なデータ通信が可能

povo の料金

料金
月額料金 2,480円
月間データ容量 20GB (超過時も最大1Mbpsで利用可能)
通話料金 20円/30秒 ※衛星船舶電話など、料金が異なる通話先があります。
<追加トッピング>

povo トッピングメニュー(データ使い放題など)

データ使い放題 24時間
: 200円/24時間

データ追加 1GB
: 500円/1GB

5分以内通話かけ放題
: 500円/月

通話かけ放題
: 1,500円/月

povo 申し込み方法(提供開始見込み3月頃)

申し込み方法
「povo」専用サイトからお申し込みいただけます (詳細は別途ご案内します)。

提供開始
2021年3月

その他詳細は、決まり次第お知らせします。

備考

「データ使い放題 24時間」は、ネットワークの混雑時や動画・クラウドゲームなどの利用時に通信速度を制限する場合があります。
「5分以内通話かけ放題」「通話かけ放題」は、一部対象外の通話があります。
表記の金額は、特に記載のある場合を除き全て税抜です。
ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
(参考文献等)KDDI株式会社ニュースリリース、auホームページ、各種報道(Yahoo!Japanニュース等)

まとめ

以上、2021年1月13日付ニュースリリースなどから2021年のau新料金プランの概要などについてご紹介。

なお、3料金プランの変更手数料は実質的に無料※の見込みとのこと。
※実質的に無料※(以下au公式ページより引用)

「au」「UQ mobile」「povo」間の移行手続きにおいて、当面は「契約解除料」「番号移行手数料」「新規事務手数料 (UQ mobileでは、SIMパッケージ料金)」を一度請求させていただきますが、翌月以降の移行先のご利用料金から割り引きします。 これまでau, UQmobileを利用していたユーザーもふくめ「すべてのお客様が自分にあったプランをいつでもご選択いただけます」

auホームページ

また、各報道等によれば、今回のau新料金発表により、20GBの料金プランはdocomo,softbankと実質的に横並びとのこと。
先の総務省談話等にも呼応したかたちになったと報じられている。

いずれにせよ、2021年のスマホ料金プランは各社でも新たな料金プランを発表。従来の料金プランよりリーズナブルなプランも含まれており、利用者側にとっては選択の幅が広がりそうだ。

詳しくは、auホームページ(2021年1月13日au発表会)またはKDDI株式会社ホームページ等を参照。


以上、公式サイトなどから筆者なりにまとめました。

(なお、上記は情報ということで文体をである調で書いています。以下は個人的感想ということでですます調で書いています。やや読みづらいかもしれませんがご容赦ください。)

(※以下、個人の感想です)

スマホ本体の料金プランも2021年はこれまでとかなり変わる見通しとのこと。

3月頃といわれる具体的な新料金の詳細発表などに注目しつつ。

個人的にも関連サービスも含めて料金プランなどをちょっと見直ししてみようかな、と。

モバイルwifi

個人的には、今回のpovoはもちろん、以前から気になっていたUQ mobileなどとの互換性が高まりそうなのがウレシイかも。

私も出張用などでモバイルwifiルーターを利用しています。
今は自宅がauひかりなのでまとめてますが互換性がスムースになるならUQ mobile検討したいとも思っています。

インターネット回線

私も自宅のインターネット回線はauひかりを利用しています。
やはり大容量でも気にせず使えるのはいいですね。

ちなみに、ご存知かもしれませんが、「auひかり」の代理店は全国いろいろあります。
キャンペーンなどもあるのでお得情報を比較したいところですね。

カモねぎ鴨
カモねぎ鴨

(でも正直いうとauひかりの代理店さんも多すぎて探すのが面倒という方もおられるカモ。)

そんなわけで少し調べてみました。以下、auひかり正規代理店さんの広告をご参考までに貼らせていただきます。例えば以下の代理店さんでは『【KDDIのauひかり】auスマホユーザーならさらにおトク!』とのこと。(他の代理店さんなどでもされてるので最安価格などは随時変更されることもあるでしょうからあくまで一例として。)

<広告>

ネット通販・ECサービス

ay pay マーケット(旧Wowma)

ほかにも、auではネット通販などのECサービスも拡大中とのこと。

2020年にはau pay マーケット(旧Wowma)がリニューアルされるなど、ユーザーさんの利便性を高めているようですね。

※au pay マーケットはauのECサイト。
ECとはエレクトリック・コマース(英語 Electric Commerce、意味 電子商取引、の略)。いわゆるネット通販。

ご興味ある方はay pay マーケット公式サイトをご参照ください。
<広告>au PAY マーケットTOPへ


以上 au関連の個人的感想と関連サービスのご紹介でした。




みなさんも、この機会に利用状況などを見直してみてはいかがでしょうか?

トップへ戻る
.