WordPress めも

技術
技術

WordPress めも:WordPressに関する筆者の素朴なギモンと調べた結果などをとりあえずメモ書き。(順不同・敬称略・たまにダジャレあり?)

スポンサーリンク

WordPress 投稿数 上限 目安 投稿数8000件ぐらい?

投稿数8000件ぐらいが上限の目安(うわさ)

サーバーなどの使用環境にもよる。

WordPress自体の投稿数に制限は無いようだがデータベース容量などのハードまたはサーバーその他のシステム的に上限がある。その他不明の現象など。非公式なのでネット上のうわさ。

WordPressにhtmlなし

ワードプレス(WordPress)にはhtmlはない。

WordPress初心者がよく迷うのがこの点。意外と大事なのでメモ。

webをある程度かじっていて、もとい、webの基礎をしっかりご理解されていて、自作webサイトまたは他のブログサービスなどで「ブログやwebサイトの記事はhtmlで書くもの」と思っている人がWordPressをはじめて意外ととまどうのがこの点。

WordPress html where doko

HTMLファイルはどこ? に移動 – 結論から言うと、「WordPressにはHTMLファイルは存在しません」.

【WordPress】HTMLとCSSってどこにあるの?デベロッパーツールでHTML …

phpファイル形式(×html)

WordPressの基本概念は「PHPファイル」

かんたんにいえばhtmlを一枚紙だとすると、phpは分割カード方式。

メタ情報やカテゴリー、タグなどは一括りにして別カードとしてサーバーに保管。表示されるときにはそれぞれ別カードのサーバーからパーツを読み込み、web上で1つのファイルとして組み上げる。

なんだか一見時間がかかりそうだがむしろこのほうがhtml単体でサーバーに保管して読み込むよりも、データベース(MySQL)へのアクセスやwebでの表示が早くなるらしい。

「htmlでコンテンツ -> cssでレイアウト」という基本のwebファイルは作れないのか?

カスタマイズでできるらしいが面倒なので普通はやらない。

むかしからwebに精通していてhtmlに愛着のある方もおられるだろうが、WordPressを使う場合は割り切って(あきらめて)、phpファイル形式に慣らすほうが効率的なようだ。

WordPressにおける2つの「index」の違い

イ.基本のwebサイトのコンテンツ(content/s)がWordPressでは「index.php」と呼ばれている。

かんたんにいえば、一般的なインデックスの記事やページ(なんちゃらindex)と、WordPress内部システムのファイル構造としての(index.php)の2つがあるので注意。

※初心者のときはこの点でけっこう頭がこんがらがる。

一般的にインデックス(index)といえば索引(さくいん)のこと。WordPressの投稿(post)や固定ページ(page)などでもサイトの索引や同じ内容の記事のまとめ、そのた目録などのページをつくりたいこともあるだろう。

このとき、ネットなどで「WordPress index」と検索すると、そうした索引ページの作り方ではなく、このWordPressの.phpファイルのindex.phpのことが書かれた検索結果にいきつくことがある。

「ちょっと何いってるかわからない」

そう思ったときは、まず自分のWordPress理解度を疑い、けっして詳しく記事を書いてくれてる先人をディスらないこと。

トップへ戻る
.