WordPress タグとカテゴリの違い 具体例 初心者の悩み

WordPress カテゴリ タグ 違い (私見)技術
技術

WordPressのタグとカテゴリーの違いを具体例を含めて紹介します。

初心者がブログをワードプレスで書くとき、よく混乱するのがカテゴリーとタグの違いではないでしょうか。

筆者もこの問題について相当悩まされました。

くま
くまった

相当マイリマシタ(泣)

参考事例をいろいろと調べて学んだり、自分でも試行錯誤を繰り返した結果ようやく始めたばかりの頃よりやや理解が進んで参りました。

うさぎ
PVうさぎ

やや・・・まいりました(汗)

そこで、あくまで私見ではありますが、自身で学んだ結果や試行錯誤から得られた教訓などをシェアしたいと思います。

タグとカテゴリ(カテゴリー)の違い

WordPress カテゴリ タグ 違い (私見)

ごく大雑把にいうと、「カテゴリ」は「分類」、「タグ」は「キーワード」、というイメージに近いかもしれません。

ただ、もちろん、これだけでは具体的な説明とはいえませんので、概念図(上図)を作成しました。

以下、そちらをご覧頂きながら、WordPressのカテゴリとタグの違いについて、自分なりの整理をしたいと思います。

カテゴリは「分類」タグは「キーワード 」+

ここではそれぞれの特徴をあげておきます。
「カテゴリ」は「分類」
・階層あり
・親子関係
・分類的
・systematic
「タグ」は「キーワード」
・階層なし
・独立
・横断的
・at random

ポイントは投稿記事に含まれるか否か「外か中か」

さて、ポイントとして、私が挙げたいのが、投稿記事(投稿・固定ページ)に含まれるか否か、という観点(切り口)です。

WordPressの投稿記事は投稿(post)と固定ページ(page)の2種類

WordPressには投稿(post)と固定ページ(page)という2種類の記事タイプがあります。

より細かくいうと、カテゴリーは投稿(post)のみ、タグは投稿と固定ページ(page)に設定できるという仕様があります。

ただ、ここでは初心者向けに、それらをまとめて投稿記事とし、カテゴリーとタグの違いを概念的に整理しておきたいと思います。

WordPressの投稿記事のカテゴリーとタグの違い

(外か中か)
カテゴリーは、上の図で左側に示したように、その投稿記事が属するカテゴリー。つまり概念的にはカテゴリー>投稿記事。例えば組織でいうとカテゴリーが部署>投稿記事が担当者という具合でしょうか。

タグは、その上の図で右側に示したように、投稿記事に含まれるキーワード。例えば組織でいうと各担当者が扱っている商品の種類(食品、ファッション、エンタメなど)。もちろんエンタメがカテゴリーなら音楽、映画、コメディなど。以下同様にキーワードが細分化されていくイメージでしょうか。

タグとキーワードの違い

WordPressの「タグ(tags)」と、一般的な「キーワード」の違いは何でしょうか。

それは、投稿記事の中に含まれているかそうでないかの違い。
(当たり前すぎ。汗)。

世の中にはもちろん星の数ほどのキーワードがあります。とくにブログを書くときには、Googleの検索キーワードが気になるでしょう。SEOでは、これらのキーワードをタイトルや見出しなどに含めることが推奨されています。これはGoogleの公式ヘルプでも、「ユーザーが求める記事を書く」というポリシーに則ったweb文書の書き方として推奨されています。

 

しかし、WordPressのタグが、あくまで投稿記事に含まれているキーワードという原則がある以上、いくらカテゴリー的に近いキーワードでも、投稿記事の中に実施に書かれていないキーワードにはタグをつけない方が良いようです。

 

ここで、しないようが良い、と断言しないのは、GoogleがWordPressのタグについての立場を公式に発表していないため。、他のサイトなどでも書かれているようにタグの乱発はSEO的にマイナスの恐れがあると言われています。

タグとキーワードの数(目安)

具体的には、タグは1つの記事に3つまで。全体でも100が限度。ブログでタグについてふれている記事を拝見すると、相場観としてはその辺りのようです。

他方、キーワード(ここではGoogle検索キーワード)については、タイトル(h1)に2つほど、見出し(h2)に1つが大体の目安のようです。

 

具体例として、仮に、記事タイトルにキーワード2つ、見出しにキーワード1つの例を考えてみましょう。見出しが3つあるとすると、合計でキーワードは5つとなります。このとき、タグは3つが上限目安とすると、5つの検索キーワードから2つ削らないといけないことになります。

(参考)キーワードとタグの数(目安)

タグのSEO

おそらく、初心者の方が混乱するのはこの辺りではないでしょうか。

 

前項でふれたとおり、キーワードとタグは3つの上限目安までは同じ検索キーワードで合致しています。よって、3つまでならタグも(効果は未知数ながら)SEO効果があるといえそうです。

ただし、3つ以上のタグや、該当するキーワードが含まれていない記事についているタグはSEO効果がない、または、かえってマイナスと考えるのが妥当なのでしょう。

 

筆者もそうでしたが、「記事タイトルや見出しにキーワードを含めるべし」というSEO的なアドバイスをうのみにし、それらのキーワードについて全てタグをつけてしまったことが大分長く続きました。

 

SEO対策と、ここで書いている「キーワードとタグの数(目安)」という情報が錯そうし、対処方法が不明確でよく理解できていなかったことが原因だったと思います。

 

良いタグの具体例(優良サイトのタグ使用例)

さて、原則論ばかりはもう飽き飽きだと思いますので、ここでは実際に使われているWordPressのブログや記事に使われていたタグの使用例から、筆者がこれは良いタグだと思った事例をいくつかピックアップさせて頂きたいと思います。

(ちなみに、当サイトのタグは崩壊気味で参考になりません。こうしてこんなことを書いているように、今やっとタグの特徴を理解し始めたくらいですから。強いて言えばということで、悪い例として後述します。)

わかりやすかった例

カテゴリ(category)の例:

カテゴリ
記事の大きな分類
大分類、中分類と親子関係の階層構造が可能

例)カテゴリの例 (レシピ編):
和風
洋風
中華風
-肉料理
-魚料理
-野菜料理
-麺料理
-飯料理

タグ(tags)の例:

タグ
記事の中のキーワード
階層はなく単独

例)タグの例 (レシピ編):
牛肉,ひき肉,卵,ナス,きゅうり,トマト

(出典)CMS、WordPress(ワードプレス)のカテゴリとタグの違い

WordPress(ワードプレス)のカテゴリとタグの違い | CMSでホームページ制作するCMS-HOMEPAGE.net

 

個人的にはこちらのサイト様の例がわかりやすかったです。この事例から、「そうかタグって記事の中のキーワードのことなんだ」というヒントをもらい、やっと論点整理ができたような具合です。もし自分と同じようにカテゴリーとタグの違いで迷っておられた方がいればご一読をおすすめします。

具体的なタグの語句選びのイメージがつきそうな例

こちらのサイトはモンスター級のサイトなので、カテゴリ数もタグ数も多いが、これを眺めていると何となく、カテゴリとタグの使い分けのイメージが浮かびそうな気がする。(素人なので、あくまで気がするだけだが。)

一例を挙げておく。

カテゴリー(例):Apple、iPhone、MacBook…

タグ(例):USB-C(USB Type-C)、SSD、レビュー…

 

タグ一覧

タグの語句選びには画像・イラスト系サイトも参考に

さて、上では一例のみしかあげませんでしたが、具体的なぱくたそ(PAKUTASO)等の画像・イラスト系サイト。

これらの画像検索サイトでは多くのタグが設定されているかと思います。もちろん、これら全てをブログサイトに導入するという訳ではありませんが、具体的なタグの文言を考えるときにはこうしたサイトで使われているタグ・ワードも参考になるのではと思います。


(未定稿)

悪いタグの具体例(未定稿)

ここでは、反面教師にでもなればと思い実際に当サイトで行ったタグの修正作業をビフォー・アフターの順にご紹介したいと思っていました。

しかし、修正作業が未完なので以下は未定稿です。

切り口も順序もバラバラに思いつきで適当にタグをつけているとこうなってしまったという悪い例ですので初心者の方はこうならないようにお気をつけ下さい(汗)。

(当サイトの修正作業 before/after)未完

(修正前)タグリスト86個の項目

(修正前)タグリスト86個の項目
名前 スラッグ カウント
時空を選択 時空
spacetime 0
暦・カレンダーを選択 暦・カレンダー
koyomi-calendar 1
SEOを選択 SEO
seo 0
ASPを選択 ASP
asp 0
amazonを選択 amazon
amazon 0
ノートパソコンを選択 ノートパソコン
laptop 0
配色・カラーを選択 配色・カラー
color 3
AMPを選択 AMP
amp 0
年表を選択 年表
nenpyou-timeline-chronology-an 1
地図を選択 地図
map 1
Imageを選択 Image
image 0
宇宙を選択 宇宙
space 1
NASAを選択 NASA
nasa 0
気象 weather phenomenonを選択 気象 weather phenomenon
weather-phenomenon-310 0
気象予報士試験を選択 気象予報士試験
kisyouyohoushishiken-cwfe-an 1
大気の構造 structure of the atmosphereを選択 大気の構造 structure of the atmosphere
structure-of-the-atmosphere-371 0
大気熱力学 atmospheric thermodynamicsを選択 大気熱力学 atmospheric thermodynamics
atmospheric-thermodynamics-372 0
降水過程 precipitation processを選択 降水過程 precipitation process
precipitation-process-373 0
大気放射 atmospheric radiationを選択 大気放射 atmospheric radiation
atmospheric-radiation-374 0
大気力学 atmospheric dynamicsを選択 大気力学 atmospheric dynamics
atmospheric-dynamics-375 0
気象現象 weather phenomenaを選択 気象現象 weather phenomena
weather-phenomena-376 0
気象業務法等378を選択 気象業務法等378
meteorological-service-act-etc-378 0
気象観測 381を選択 気象観測 381
weather-observations-381 0
数値予報 NWP 382を選択 数値予報 NWP 382
numerical-weather-prediction-382 0
短期予報・中期予報 383を選択 短期予報・中期予報 383
short-term-forecast-mid-term-forecast-383 0
長期予報 384を選択 長期予報 384
long-term-forecast-384 0
局地予報 385を選択 局地予報 385
local-forecast-385 0
短時間予報 386を選択 短時間予報 386
nowcasting-386 0
気象災害 387を選択 気象災害 387
severe-weather-meteorological-disasters-387 0
予報精度評価 388を選択 予報精度評価 388
forecast-accuracy-evaluation-388 0
気象の応用 389を選択 気象の応用 389
application-of-weather-389 0
実技 390を選択 実技 390
390 0
温帯低気圧 391を選択 温帯低気圧 391
391 0
寒帯低気圧 392を選択 寒帯低気圧 392
392 0
梅雨前線 395を選択 梅雨前線 395
395 0
局地解析 399を選択 局地解析 399
399 0
太陽を選択 太陽
sun-taiyou 1
太陽系を選択 太陽系
solar-system 1
エネルギーを選択 エネルギー
energy 1
大洋州・日本を選択 大洋州・日本
610-pacific-japan 0
アジアを選択 アジア
620-asia 0
中東欧州を選択 中東欧州
630-middleeast-europe 0
アフリカを選択 アフリカ
640-africa 0
中南米を選択 中南米
650-america-latino 0
北米を選択 北米
north-america-660 0
天気 めもを選択 天気 めも
weather-an 2
科学を選択 科学
science 0
.□PCIT素人めもを選択 .□PCIT素人めも
pcit-an 7
.□Tech IT easy !?を選択 .□Tech IT easy !?
tech-it-easy 1
.□SitBizを選択 .□SitBiz
sitbiz 0
.□資格の素人を選択 .□資格の素人
sikakunosiroot 0
理科を選択 理科
rika-science 0
日常生活を選択 日常生活
daily-life 0
だじゃれを選択 だじゃれ
dajare 0
物理を選択 物理
physics 0
化学を選択 化学
chemistry 0
算数を選択 算数
math-elementary 0
数学を選択 数学
math 0
日本を選択 日本
japan 0
.□でかめもを選択 .□でかめも
dekamemo 0
.□でかもじを選択 .□でかもじ
deka-moji 0
□an 素人めもを選択 □an 素人めも
an-amateur-notes 2
.☐いめぼきゃ○を選択 .☐いめぼきゃ○
img-vocab 1
国際を選択 国際
international 0
SDGsを選択 SDGs
sdgs 0
スキルを選択 スキル
skill 0
資格を選択 資格
qualification 0
英語を選択 英語
english 2
Windowsを選択 Windows
windows 1
Excelを選択 Excel
excel 1
Googleを選択 Google
google 2
Webサイト・ブログを選択 Webサイト・ブログ
website-blog 0
設定を選択 設定
setting-898 7
WordPressを選択 WordPress
wordpress 7
WPプラグインを選択 WPプラグイン
wp-plugin 2
Cocoonを選択 Cocoon
cocoon 9
大人を選択 大人
adult 0
作法・マナーを選択 作法・マナー
manner 0
買い物を選択 買い物
shopping 0
ECを選択 EC
ec 0
アフィリエイトを選択 アフィリエイト
アフィリエイト 0
エンタメを選択 エンタメ
entertainment 0
ラジオを選択 ラジオ
ラジオ 2
図書分類を選択 図書分類
book-classification 1
NDC 日本十進分類法を選択 NDC 日本十進分類法
ndc-nippon-decimal-classification 1
DDC Dewey Decimal Classificationを選択 DDC Dewey Decimal Classification
ddc-dewey-decimal-classification 0

アフター(修正後)タグの具体例(当サイト案)作業中※

作業中※公開未定

そんな具合でスタックしております。

言い訳。タグの見直しで煮詰まってます(汗)。

具体的には、以下の事例で困ってます。

・ケース1:独自名称をタグにしてしまった場合

(例).□PCIT素人めも(pcit-an)等

まず一般的な処理としては削除できればそれが一番カンタンですよね。

しかしなかなか削除しにくい場合もあります。

でも、BUT、しかし、なんです。(以下、超個人的な話です。)これこそ素人的な間違いだと、今は理解しているの。、こういうホントに初心者の頃、適当かつ真剣につけてしまったタグのネーミングの扱いに困っています。適当かつ真剣とは、WordPressやseoなどはまったく考えずweb設定的には超適当、だけどけっこう本人としてはうんうん唸りながら捻りだしたアイデアやネーミングってやつですね。

少し細かい事情をお話しすると、実はそのうち記事が溜まったら、サブドメインなり、またはいっそ別ドメインを取得して、別サイトなりで展開しようかなと考えているサブタイトルのようなものなんです。まさかこれってスピンオフってやつですか?すげー。)とまあ、ゴタクはさて置き。

こうしたケースの解決策の案としては、タグ名でまとめ投稿記事を作成し、そこに今までそのタグ名でまとめていたグループを内部リンクして、そちらに移動する作業なのかと考えています。

ただこの移植作業、やりだすと結構作業がだるいんですよね。なるべくurlは変えずにとは思ってみても、いかんせん昔の記事などはそもそも英文でslugなどを書いていなかったり、とにかくごちゃごちゃなので、404エラーが頻発。

・ケース2:複数キーワードを1つのタグにしてしまった場合
 対処方法:分割する、まとめる、削除

※まとめる(複数キーワードを包括するキーワードを設定)

おそらく、このケースの場合、対処法は上の3択だと思うの。、個人的には「まとめる」の部分で少し詰まっています。

例えば、「暦・カレンダー」や「作法・マナー」といった場合。SEOでの差別化という視点も一応あるにはあるの。、個人的に悩んでるのは漢字とカタカナ表記の問題なんです。例えば、「暦」とだけタグにしておいてよいものか。個人的には「作法」推しでも、やっぱり「マナー」と書いた方がわかりやすいんじゃなかろうか、など。まあ、つまるところは割り切りなので、よその方からすれば他人のサイトのタグ名なんて、わかりやすければどっちでもいいよんなもん、ということは理屈では分かっているの。。考え出すとはまってしまいがちなところかと思ってます。取りあえず、寝て、起きた時に思い浮かんだ方にしよう。

ケース3:和名英名併記
対策案:選ぶ(割り切って和名か英名のどちらかにする)、削除

これもレアケースだと思いますが、筆者の場合は専門用語の英語名を調べるのに手間取ったときなど、もしかしたらきちんとした英訳を併記しておいた方がご覧になった方に地味に役立つかな、と思った訳です。あと、多言語化サイトの下準備的な…。

とその後いろいろ調べましたが、タグ名に和英併記するのは、やめたほうがいいようです。
1)まずSEO的には無意味どころかマイナス
2)ヒューマン的にもおそらく99%ウザい・タグ名長い等デメリット。3)1%探すの手間なのでごく一部の人にはちょっと便利?

・だからこそオリジナリティ?(オリジナリティとユーザビリティ)
この和英併記タグの試みは失敗例。結論からすると慣れた人には「そんなの記事タイトル(h1タグ)」で処理すりゃいいじゃん。以上。という話かと思います。

ただ実際自分ではそんな余計なことで迷いました。

ほとんどマイナスでデメリットしかない和英表記タグを「あまり人がやっていないこと」というオリジナリティだけにこだわってやるべきかどうか。いちおうまじめにGoogleコンテンツガイドラインなどを自分なりに解釈して付加価値づけを考えたうえでのアイデアではあったの。汎用性やユーザビリティとの兼ね合いで袋小路に陥りました。

例:気象(weather phenominan):
気象って意外と英訳に困るんです。一般的にはもちろん(weather)でいんじゃね、という話。、日本語では天気(weather)の方が一般的なので、それと訳し分けするとなると、weather phenominanというなんとも長たらしい用語に。ちなみに、meteorologyとかMETなどと称する場合もありますが、正確には、気象学(meteorology)、METは英国気象局の略(ほぼ固有名称)のほうが先なので、meteorologyの略称のMETは業界用語ではあっても、なかなか気象というタグの英訳としては使いにくいかな、と。(初めは使ってましたが汗)

まあ、そんな具合にあれこれ考えてしまうと、またドツボにハマるという悪い例ですね。おそらく、すっきり和名のみにして、スラッグを英名に。専門用語の英訳などは別途、用語リストでも作ればいいだろう、という話でしょう。多言語化は、やはり日本語ページをある程度しっかり作ってからなのでしょうね。

以上、個人的な話で恐縮でした。タグの言葉選びであまりこういう話はネット上でみなかったので一応書いておきました。

上で書いたように、
タグ名は、
・記事に書かれているキーワードから
・とにかく1語で、カテゴリ名と重複しないキーワードのみ
・目安はいくら多くても100未満
・優先順位を考えながら
・世間でもweb上でも万人によく使われている誤解の少ない文言
を選ぶ。
その辺がキホンなのでしょう。

(具体例はどうした。・・・できたら掲載します。ごめんなさい。)

(備考) その他 WordPress「タグ」関連 メモ

以下、取りあえず備忘録的に載せております。 一部「である調」で書いてます。後日別記事にまとめリライトするかもしれません。

2つの「タグ」:HTMLタグ(tag) とタグ(tags)

混乱しそうなので、上ではふれなかったが、WordPressには2つのタグ「HTMLタグ(tag)」と「タグ(tags)」がある。WordPress初心者の頃、これに気づくのに結構時間がかかった気もする。そもそもそっちのほうが分かりづらいと思ったのは筆者だけではないかもしれない。

私見だが、これも実は単に翻訳(和訳)というより日本語の問題という気もする。英語では、tagとtagsで区別しているようだが、日本語だと両方タグなのでわかりづらい。一応、区別する時は上で書いたようにHTMLタグとタグと書いていることが多い。この辺はそういうものかと割り切っておく。

カテゴリーかカテゴリか(カタカナ表記について)

WordPressのcategory(英語)は、カテゴリー(やや一般的?)またはカテゴリと表記されます。個人的にはカテゴリのほうが字数が一文字少ないのでよく使っていますが厳密には区別していないので混在しています。統一した方がよいかもしれませんが、統一するなら英語(category)一択なので、この辺はご容赦ください。(ちなみに、英語のネイティブ発音はむしろカリゴリに近いので、強いて言えばカテゴリ寄りかもしれませんが、厳密にはどちらも違うのであまり拘っていません。)

WordPressの構造とタグの仕様について

WordPressの投稿一覧画面では、記事タイトルではなく、本文中のキーワードから検索される仕様になっている。これは、つまりタグ(tags)がWordPressの投稿一覧の分類タグとなっている、ということなのだろうか。

ただ、別記事で書いたとおり、ユーザーとしてはあの投稿一覧画面でタイトルのキーワードが検索できないというWordPressの初期仕様は使いにくい。とりあえず現状(2019年現在)ではプラグインで対応するしかないが、個人的にはむしろこちらを初期設定にして、オプションでタグ(tags)や本文中のキーワードでの検索を選択できるようにして欲しい。

まとめ

ここでは、WordPressのカテゴリとタグの違いについて初心者が悩んだことについて以下のようなことを記載しました。

おさらい用まとめ
☐カテゴリとタグの違い:投稿記事の外か中か(投稿記事が属するものか、投稿に含まれてるか否か)
☐タグとキーワードの違い:投稿記事に使われているか否か(投稿の文章中に含まれてるかどうか)
☐タグの数の目安:3つ程度
☐タグのSEO:
:検索キーワードと同じ語句で3つまでならSEO効果あり
:3つ以上の余分なタグや文中に含まれていないタグであればSEO効果なし・マイナス

なお、冒頭でふれたとおり、あくまで私見です。ここでふれた概念整理や論点整理に当てはまらない例や考え方もあるかもしれません。

ただ、筆者としては初心者のときには盲点だった「投稿記事に含まれている」か否かという判断ポイントを知ったおかげで、やっとこれまでのWordPressの疑問が少し晴れたような気がしています。

もし同じような疑問で悩んでおられる方がおられたら、少しでもご参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました