気象英語まとめ :気象めも(天気、気象学、気象用語、気象予報士試験等)

観測所 observatory大気
大気

気象の英語 まとめ
1.気象の英語:天気・天候
(1)気象 英語 一覧
2.気象学・気象用語の英語
(2)気象学 英語
(3)気象用語 英語
(4)気象予報士試験 科目 英語

気象めも(天気、気象学、気象用語、気象予報士試験科目など個人的参考メモ)

気象の英語 まとめ

・気象の英語:天気・天候(日常会話やニュースなど一般によく使う気象英語)
・気象学・気象用語の英語:気象予報士試験 科目 英語 (メモ)

(備考)気象予報士試験の学習について(メモ)
・気象予報士試験の概要(公式情報の個人的まとめなどのメモ)

気象の英語:天気・天候

気象の英語:天気・天候(日常会話やニュースなど一般によく使う気象英語)

天候 英語

気象 英語 一覧

異常気象 英語

気象データ 英語

気象 英語 発音

起床 英語

気象学・気象用語の英語

気象学・気象用語の英語:気象予報士試験・科目の英語など(メモ)

気象学 英語 meteorology

気象現象 英語

気象の英語(0) 気象でよく使う数学用語 気象の数値と次元と単位

気象の英語(0) 気象でよく使う数学用語 気象の数値と次元と単位
気象の英語気象でよく使う数学用語気象の数値と次元と単位気象予報士試験の学習には参考書の良書があります。資格の専門学校や通える教室。通信講座やオンライン講座。独学をなさる方には参考となるwebサイトも。学びにはやはり体系的なテキスト。そして

気象用語 英語

世界気象機関 英語

気象予報士試験 科目 英語

  1. 大気の構造 atmosphere structure
  2. 大気熱力学 atmospheric thermodynamics
  3. 降水過程 precipitation process
  4. 大気放射 atmospheric radiation
  5. 大気力学 atmospheric dynamics
  6. 気象現象 weather phenomena
  7. 気候変動 climate change
  8. 気象業務法等 meteorological service act etc
  9. 気象観測 weather observations
  10. 数値予報 NWP
  11. 短期予報・中期予報 short term forecast mid term forecast
  12. 長期予報 long term forecast
  13. 局地予報 local forecast
  14. 短時間予報 nowcasting
  15. 気象災害 severe weather meteorological disasters
  16. 予報精度評価 forecast accuracy evaluation
  17. 気象の応用 application of weather
  18. 実技
  19. 温帯低気圧
  20. 寒帯低気圧
  21. 梅雨前線

まとめ
(※個別記事へリンク)

大気の構造 atmosphere structure

AYCJ
年表地図気象+日本循環めも=あなたとよい循環の和

1. 大気の構造 atmosphere structure 557

大気熱力学 atmospheric thermodynamics

2.大気熱力学 atmospheric thermodynamics 558

降水過程 precipitation process

3.降水過程 precipitation process 559

大気放射 atmospheric radiation

4.大気放射 atmospheric radiation 560

大気力学 atmospheric dynamics

5.大気力学 atmospheric dynamics 561

気象現象 weather phenomena

6.気象現象 weather phenomena 562

気候変動 climate change

7.気候変動 climate change

気象業務法等 meteorological service act etc

8.気象業務法等 meteorological service act etc 564

気象観測 weather observations

9.気象観測 weather observations 565

数値予報 NWP

10.数値予報 NWP 566

短期予報・中期予報 short term forecast mid term forecast

11.短期予報・中期予報 short term forecast mid term forecast 567

長期予報 long term forecast

12.長期予報 long term forecast 568

局地予報 local forecast

13.局地予報 local forecast 569

短時間予報 nowcasting

14.短時間予報 nowcasting 570

気象災害 severe weather meteorological disasters

15.気象災害 severe weather meteorological disasters 571

予報精度評価 forecast accuracy evaluation

16.予報精度評価 forecast accuracy evaluation

気象の応用 application of weather

17.気象の応用 application of weather

実技
温帯低気圧
寒帯低気圧
梅雨前線

18.実技
18-1: 温帯低気圧
18-2: 寒帯低気圧
18-3: 梅雨前線

(備考)気象予報士試験の学習について(メモ)

気象予報士試験の学習について、参考資料などのメモ

気象予報士試験 学科一般

気象予報士試験 学科一般 試験科目参考資料等
1 予報業務に関する一般知識□参考書や資格講座など
 ○『一般気象学』
 第1章 太陽系のなかの地球
 ・大気の構造第2章 大気の鉛直構造
 ・大気の熱力学第3章 大気の熱力学
 ・降水過程第4章 降水過程
 ・大気における放射第5章 大気における放射
 ・大気の力学第6章 大気の運動
 ・気象現象第7章 大規模な大気の運動
 第8章 メソスケールの気象
 第9章 成層圏と中間圏内の大規模な運動
 ・気候の変動第10章 気候の変動
 ・気象業務法その他の気象業務に関する法規□法令、気象庁ホームページなど

(参考資料)気象庁ホームページ、各種参考書、参考サイトなど

気象予報士試験 学科専門

各種テキスト、気象予報士試験講座など
(参考資料)気象庁ホームページなど

気象予報士試験 実技

各種テキスト、気象予報士試験講座など
(参考資料)気象庁ホームページなど

気象予報士試験 概要 まとめ

以下は公式情報を個人的な学習の参考用にメモしているもの。
(※非公式めも:※文言(専門用語など)は公式情報を参考にしていますが書きぶり(要約などの文の記述)などは筆者が個人的に書いているものが含まれます。公式情報と一部文の記述に違いがありますのでこちらの文をそのままコピペして公式情報と思いこむと一部齟齬が生じるおそれがあるのでご注意ください。)
★正確な情報や最新情報などは気象予報士試験公式サイト(一般財団法人 気象業務支援センター>気象予報士試験のページ)を参照。

気象予報士試験の目的

・平成5年5月に改正された気象業務法(第19条の3)の規定
・気象庁長官の許可を受けて予報業務を行おうとする者(予報業務許可事業者)民間の気象会社など業務として天気の予測を行う事業者
・現象の予想を気象予報士に行なわせなければならない。
・気象予報士試験は、気象予報士が現象の予想を適確に行うに足る能力を持ち、気象予報士の資格を有することを認定するために行うもの。

気象予報士試験の目的 (ポイント)

・根拠法:平成5年5月に改正された気象業務法(第19条の3)の規定により、気象現象の予想を気象予報士に行なわせなければならない。
・対象者:気象庁長官の許可を受けて予報業務を行おうとする者(予報業務許可事業者)民間の気象会社など業務として天気予報を行う事業者

気象予報士試験の概要

・気象予報士試験は、気象予報士が気象現象の予想を適確に行うに足る能力を持ち、同資格を有することを認定するために行うもの。
具体的には,気象予報士として,以下を認定することを目的とする。

1.今後の技術革新に対処しうるように必要な気象学の基礎的知識
2.各種データを適切に処理し,科学的な予測を行う知識および能力
3.予測情報を提供するに不可欠な防災上の配慮を適確に行うための知識および能力

気象予報士試験の受験資格

受験資格
・基本的に受験資格の制限はなし。
・ただし,気象業務法による処分を受けた場合は制限あり。

気象予報士試験の方法

試験の方法
試験は学科試験と実技試験からなる。
学科試験はマークシートによる多肢選択式,
実技試験は記述式。
いずれも筆記試験による。

気象予報士試験の試験時間

試験時間(270分)
学科試験(120分)
60分:学科試験(予報業務に関する一般知識)
60分:学科試験(予報業務に関する専門知識)
実技試験(150分)
75分:実技試験1(1~3)
75分:実技試験2(1~3)
※休憩時間を除く。(各試験の間に若干程度の休憩あり。詳細は各試験の要項を参照。)

気象予報士試験の合格基準

合格基準
学科試験(予報業務に関する一般知識):15問中正解が11以上
学科試験(予報業務に関する専門知識):15問中正解が11以上
実技試験:総得点が満点の70%以上
※ ただし,難易度により調整する場合あり

気象予報士試験の試験場所

試験地
北海道,宮城県,東京都,大阪府,福岡県,沖縄県

気象予報士試験の科目免除

科目免除
以下の場合は合格発表日から一年以内の試験で合格科目が免除となる。
(1)学科試験の全部または一部に合格し、科目免除を申請した場合(2)気象業務に関する業務経歴または資格を有する場合
なお、詳細は各回の試験案内を参照。

気象予報士試験の試験手数料

試験手数料
試験手数料は下記のとおり。学科試験の免除科目の有無により異なる。免除科目なし
11,400円
学科一科目の免除
10,400円
学科二科目の免除
 9,400円

気象予報士試験の科目

試験科目と試験時間
学科試験(予報業務に関する一般知識)60分
学科試験(予報業務に関する専門知識)60分
実技試験1(1~3)75分
実技試験2(1~3)75分

気象予報士試験 学科試験の科目

学科試験の科目
1 予報業務に関する一般知識
2 予報業務に関する専門知識

予報業務に関する一般知識

1 予報業務に関する一般知識
(1)大気の構造 (1)
(2)大気の熱力学 (2)
(3)降水過程 (3)
(4)大気における放射 (4)
(5)大気の力学 (5)
(6)気象現象 (6)
(7)気候の変動 (7)
(8)気象業務法その他の気象業務に関する法規 (8)
※当サイトでは便宜上、見出し番号:(1)~(9)の全角の番号および通し番号:(9)-(17)の半角の通番、を付しています。ただし実際の学科試験では科目はアトランダムに出題されるため、各項目が順番または網羅されない(つまり出題されない科目もある)可能性もあります。正確な表記は公式サイトのリスト(・書き、順不同)に準じてください。

予報業務に関する専門知識

2 予報業務に関する専門知識
(1)観測の成果の利用 (9)
(2)数値予報 (10)
(3)短期予報・中期予報 (11)
(4)長期予報 (12)
(5)局地予報 (13)
(6)短時間予報 (14)
(7)気象災害 (15)
(8)予想の精度の評価 (16)
(9)気象の予想の応用 (17)
※当サイトでは便宜上、見出し番号:(1)~(9)の全角の番号および通し番号:(9)-(17)の半角の通番、を付しています。
ただし実際の学科試験では科目はアトランダムに出題されるため、各項目が順番または網羅されない(つまり出題されない科目もある)可能性もあります。正確な表記は公式サイトのリスト(・書き、順不同)に準じてください。

実技試験の科目

 実技試験の科目
(1)気象概況及びその変動の把握 (18)
(2)局地的な気象の予報 (19)
(3)台風等緊急時における対応 (20)
※当サイトでは便宜上、見出し番号:3(1)~(3)の全角の番号および通し番号:(18)-(20)の半角の通番、を付しています。
ただし実際の学科試験では科目はアトランダムに出題されるため、各項目が順番または網羅されない(つまり出題されない科目もある)可能性もあります。正確な表記は公式サイトのリスト(・書き、順不同)に準じてください。

公式情報リンク

一般財団法人 気象業務支援センター
気象予報士試験
http://www.jmbsc.or.jp/jp/examination/examination.html
試験概要http://www.jmbsc.or.jp/jp/examination/examination-2.html
試験日程http://www.jmbsc.or.jp/jp/examination/examination-3.html
受験資料の入手
http://www.jmbsc.or.jp/jp/examination/examination-4.html
試験結果・報道参考資料
http://www.jmbsc.or.jp/jp/examination/examination-5.html
試験事務に関する問い合わせ先http://www.jmbsc.or.jp/jp/examination/examination-6.html
過去の試験問題http://www.jmbsc.or.jp/jp/examination/examination-7.html目次

気象学の知識めも(暫定版)

(暫定版)

気象学の知識

観測・予報の知識
第1章 太陽系の中の地球 第1章 地上気象観測

1. 太陽系とその構成天体 1. 地上気象観測の概要
2. 地球大気の歴史 2. 測器観測

3. 目視観測
コラム:生命誕生の謎 4. アメダス

5. 海上気象観測

6. 国際式天気図記入形式
第2章 大気の鉛直構造

第2章 高層気象観測
1. 地球大気の概観
2. オゾン層 1. 高層気象観測の概要

第3章 大気の熱力学 第3章 レーダー・衛星観測

1. 気体の状態方程式 1. 気象レーダー方程式

2. 降水強度の算出
数学の知識:偏微分 3. 観測誤差と解析雨量
2. 静力学平衡 4. 気象ドップラーレーダー
3. 水の相変化と水蒸気量 5. ウィンドプロファイラー

6. 気象衛星観測の概要
コラム:テテンの公式 7. 特徴のある雲画像
4. 熱力学第一法則と温位

第4章 数値予報
コラム:温位の式を導く
5. 大気の安定度(無限小変位) 1. 数値予報の流れ
6. 大気の安定度(有限変位) 2. 数値予報で用いられる方程式
7. 逆転層 3. 数値予報の特性

4. アンサンブル予報
第4章 降水過程

第5章 天気予報
1. 暖かい雨
2. 氷晶の成長 1. ガイダンス
3. 雲・霧の分類 2. 予報の分類

3. 予報の種類
第5章 大気における放射 4. 予報精度の評価

1. 黒体放射 第6章 気象業務法

コラム:ステファン・ボルツマンの法則を導く 1. 概要
2. 放射平衡 2. 予報業務と気象予報士

3. 警報
コラム:放射平衡温度 4. 観測
3. 散乱 5. 罰則

第6章 大気力学 第7章 その他の法律

1. 地衡風 1. 災害対策基本法
2. 地衡風以外の釣りあい 2. 水防法
3. 温度風とホドグラフ 3. 消防法

コラム:温度風方程式 天気図の読み方
数学の知識:ベクトル解析

1. アジア地上解析天気図(ASAS)
4. 渦度と発散 2. アジア850hPa・700hPa天気図(AUPQ78)

3. アジア500hPa・300hPa天気図(AUPQ35)
第7章 大規模な大気の運動 4. 極東500hpa・700hpa天気図(AXFE578)

5. FXFE502(FXFE504・FXFE507)
1. 地球のエネルギー収支 6. FXFE5782(FXFE5784・FXFE577)
2. 大気大循環 7. 高層断面図(AXJP)
3. 気団 8. 850hPa相当温位予想図(FXJP854)
4. 前線
5. ジェット気流
6. 超長波と傾圧不安定波

コラム:様々な定常波
7. 温帯低気圧
8. 高気圧

第8章 成層圏・中間圏の大気

1. 気温・風の分布
2. 成層圏突然昇温
3. 準二年周期振動

第9章 メソスケールの現象

1. スケールの分類
2. 対流・気団性雷雨
3. 巨大雷雨
4. ダウンバースト・竜巻
5. 熱帯低気圧と台風

コラム:熱帯低気圧のいろいろ
コラム:藤原効果

6. 集中豪雨
7. 雷
8. 海陸風
9. 大気境界層
10. フェーン現象

第10章 気候変動と環境問題

1. ENSOとエルニーニョ
2. 地球温暖化
3. その他の環境問題

(暫定版)

気象学の知識観測・予報の知識
第1章 太陽系の中の地球第1章 地上気象観測
  
1. 太陽系とその構成天体1. 地上気象観測の概要
2. 地球大気の歴史2. 測器観測
 3. 目視観測
コラム:生命誕生の謎4. アメダス
 5. 海上気象観測
 6. 国際式天気図記入形式
第2章 大気の鉛直構造 
 第2章 高層気象観測
1. 地球大気の概観 
2. オゾン層1. 高層気象観測の概要
  
第3章 大気の熱力学第3章 レーダー・衛星観測
  
1. 気体の状態方程式1. 気象レーダー方程式
 2. 降水強度の算出
数学の知識:偏微分3. 観測誤差と解析雨量
2. 静力学平衡4. 気象ドップラーレーダー
3. 水の相変化と水蒸気量5. ウィンドプロファイラー
 6. 気象衛星観測の概要
コラム:テテンの公式7. 特徴のある雲画像
4. 熱力学第一法則と温位 
 第4章 数値予報
コラム:温位の式を導く 
5. 大気の安定度(無限小変位)1. 数値予報の流れ
6. 大気の安定度(有限変位)2. 数値予報で用いられる方程式
7. 逆転層3. 数値予報の特性
 4. アンサンブル予報
第4章 降水過程 
 第5章 天気予報
1. 暖かい雨 
2. 氷晶の成長1. ガイダンス
3. 雲・霧の分類2. 予報の分類
 3. 予報の種類
第5章 大気における放射4. 予報精度の評価
  
1. 黒体放射第6章 気象業務法
  
コラム:ステファン・ボルツマンの法則を導く1. 概要
2. 放射平衡2. 予報業務と気象予報士
 3. 警報
コラム:放射平衡温度4. 観測
3. 散乱5. 罰則
  
第6章 大気力学第7章 その他の法律
  
1. 地衡風1. 災害対策基本法
2. 地衡風以外の釣りあい2. 水防法
3. 温度風とホドグラフ3. 消防法
  
コラム:温度風方程式天気図の読み方
数学の知識:ベクトル解析 
 1. アジア地上解析天気図(ASAS)
4. 渦度と発散2. アジア850hPa・700hPa天気図(AUPQ78)
 3. アジア500hPa・300hPa天気図(AUPQ35)
第7章 大規模な大気の運動4. 極東500hpa・700hpa天気図(AXFE578)
 5. FXFE502(FXFE504・FXFE507)
1. 地球のエネルギー収支6. FXFE5782(FXFE5784・FXFE577)
2. 大気大循環7. 高層断面図(AXJP)
3. 気団8. 850hPa相当温位予想図(FXJP854)
4. 前線 
5. ジェット気流 
6. 超長波と傾圧不安定波 
  
コラム:様々な定常波 
7. 温帯低気圧 
8. 高気圧 
  
第8章 成層圏・中間圏の大気 
  
1. 気温・風の分布 
2. 成層圏突然昇温 
3. 準二年周期振動 
  
第9章 メソスケールの現象 
  
1. スケールの分類 
2. 対流・気団性雷雨 
3. 巨大雷雨 
4. ダウンバースト・竜巻 
5. 熱帯低気圧と台風 
  
コラム:熱帯低気圧のいろいろ 
コラム:藤原効果 
  
6. 集中豪雨 
7. 雷 
8. 海陸風 
9. 大気境界層 
10. フェーン現象 
  
第10章 気候変動と環境問題 
  
1. ENSOとエルニーニョ 
2. 地球温暖化 
3. その他の環境問題 

気象予報士試験 学科専門科目 めも(暫定版)

凡例:gs(gakka senmonkamoku 学科専門科目)

観測の成果の利用

(大項目)gs1:観測の成果の利用

観測

(中項目)gs1a:観測

概要

(小項目)1:概要

小項目(出題科目)
1 概要(記載例:44gs1アメダス
投稿タイトルにリンク)

地上・地域気象観測

(中項目)gs1b:地上・地域気象観測

地上気象観測所

(小項目)2:地上気象観測所

測器

(小項目)3:測器

目視

(小項目)4:目視

地域気象観測システム(アメダス)

(小項目)5:地域気象観測システム(アメダス)

気象レーダー観測

(中項目)gs1c:気象レーダー観測

特徴

(小項目)6:特徴

解析雨量図

(小項目)7:解析雨量図

気象ドップラーレーダー

(小項目)8:気象ドップラーレーダー

 

高層気象観測

方法

(小項目)9:方法

ラジオゾンデ

(小項目)10:ラジオゾンデ

ウィンドプロファイラ

(小項目)11:ウィンドプロファイラ

利用上の留意事項

(小項目)12:利用上の留意事項

気象衛星観測

13 概要

14 利用

数値予報

気象現象と予測可能性

15 スケール(時間・空間)

16 予測可能性

数値予報の方法

17 原理

18 手順

19 予報モデル

数値予報プロダクト

20 種類

21 物理量

22 利用の留意点

23 …(未定稿)

 

短期予報・中期予報

偏西風擾乱

24

台風

25

長期予報

26

局地予報

27 メソ現象

28 各種気象資料の概要

29 天気への翻訳

短時間予報

30

気象災害

gs7:気象災害

31

予想の精度の評価

32

気象の予想の応用

33 警報?

34 交通、産業

 

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました