数学の英語 気象の数値と次元と単位

数学 黒板3A Atmosphere 大気
3A Atmosphere 大気
この記事は約6分で読めます。

算数や数学の英語での言い回しのまとめ。また、気象の数値・次元・単位などもあわせて記しておきたい。

関連項目(案)

□気象の数値と次元と単位(1)気象の数値
□気象の数値と次元と単位(2)力の次元
□気象の数値と次元と単位(3)無次元数

数・数字・数値の英語

数(number)数字(numerals)数値(numeric values)

ここでは、簡単に数と数字と数値について確認しておく。

数(英語:number)とは

数学で扱われる数は、単位を持たない抽象的な概念。

例:1,2,3,……, 1/2,0,50,….

数字(英語:numerals)とは

数字とは、数値、記号、または、数を表す数値と記号の集まり。

Numeral
A Numeral is a figure, symbol, or group of figures or symbols denoting a number.

#figure(間違えやすい英語)

It may refer to:

Numeral system used in mathematics
Numeral (linguistics), a part of speech denoting numbers (e.g. one and first in English)
Numerical digit, the glyphs used to represent numerals
Hindu–Arabic numeral system, a positional decimal numeral system developed between the first and fifth centuries by Indian mathematicians, widely used in modern life

Numerals, or number names, are adjectives or nouns used in a language to represent numbers. They may be based on different ways of counting (decimal, vigesimal, and so on), but are a linguistic concept, rather than a mathematical one, and should therefore be distinguished from numeral systems in the mathematical sense. There is nevertheless some overlap between the concepts of numeral and numeral system, especially in ancient languages — in which mathematical notation and ordinary language were not always distinguished.

数字(すうじ、英: numeral)とは数(数値、数量、英: number)を表現するための記号(英: figure, 英: digit)および文字(英: character, 英: letter)である。


気象の数値と次元と単位

次元とは(気象学の次元の概念)

次元(英語: dimension)

気象学では、物理量の性質を表すときに次元(dimension)を用いる。

単位 次元

質量/mass:m(kg)

1.質量/mass:m(kg)

密度/density:ρ(kgm-3)

2.密度/density:ρ(kgm-3)
 *ρ[r/rho/ロー] (kgm-3=kg/m3=kg÷m÷m÷m)
 ***πυκνότητα(pyknótita)/плотность


(コラム)密度ρのナゾ?

密度のラテン語Densitas,英語densityですが、密度の単位ρの由来は定かでないとのこと。以下はまったく私の妄想。
ギリシャ語π[p]
→ラテン語転写p[p]
→誰かがロシア語p[r]と勘違い
→r[rho]に再びギリシア語の今度はρ[r]を当て字?妄想^^;

密度ρ(ロー)の語呂合わせ(ダジャレ)

「ρ密」(蝋密、ろーみつ)」という語呂合わせで覚えました。
ろうそく ローソク

防災グッズとして、いざという時に役立つローソクのイメージです。

重力加速度:g(ms-2)

3.重力加速度/gravitational acceleration:g(ms-2)
*g=9.8ms-2(9.8m/s2=9.8m÷s÷s)

力:F(N)

4.力/force:F(N)
*[newton/ニュートン] =mkgs-2(mkg/s2)
**F=mg

気圧/pressure:p(Pa)

5.気圧/pressure:p(Pa)
*[p]ピー(パスカル)
 **1Pa=1N/m2
 ***100Pa=1hPa(1 hecto Pa) “hecto”latin,en=100

温度/temperature: T(K)

6.温度/temperature: T(K)
 *K[kelvin] ケルビン/カルヴァンさん
 **1℃=273K
 ***「一度に(2)73分け(K)の蹴る瓶さん!」


(73分けが通じないかも)273Kといえば、MLBだと、1969年のカブス、ファーガソン・ジェンキンスの奪三振数(273)なんだが、そっちのほうが分かりにくいですかね。うーん、こどもが覚えやすいとすれば、やっぱあれか…。(閲覧注意)うんち版「一度に273ケも食える便か!」(・・・覚えんでよかw)


その他の単位 長さ、面積など

7.長さ/length:l(m)

8.面積/Area:A(m2)

9.体積/Volume:V(m3)

10.時間/time:t(s) *second/秒

11.速度/Velocity:V(ms-1)

12.加速度/acceleration:a(ms-2)


練習問題:

mass:m(__)
density:__(kgm-3)
gravitational acceleration:g(___)
*g=_____
force:F(__)
**F=____
pressure:p(Pa)
**1Pa=1__/___
***___Pa=1hPa
temperature: T(K)
**1℃=____K
length:l(m)
Area:A(m_)
Volume:__(m_)
time:t(_) ____/秒
Velocity:V(___)
acceleration:a(___)


参考文献:
真壁京子,2010,数式大嫌いの人に贈る!真壁京子の気象予報士試験数式攻略合格ノート,株式会社週刊住宅新聞社
二宮洸三,1998,気象が分かる数式入門,(株)オーム社
Google,Wikipedia,etc.より筆者作成


(備考)

関連項目(別途まとめ)

力の次元

無次元数

次元解析 例題

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました