生物年表 メモ

5B 生物 イメージ 食虫植物5B Bio 生物
5B Bio 生物
この記事は約2分で読めます。

 生物年表《an》:

《an》amateur notes(素人めも)
《an》は素人めも(amateur notes)の略ですが(案)とも掛けています。

ここは生物に関することをできるだけ時系列に記載していきます。

生物年表(要約版)

(表)生物年表(要約版)案

年代出来事
40億年前頃※原始生命が誕生※
38億年前頃※真正最近(バクテリア)古細菌(アーキア)の誕生
  38億年前 (原始の海?)
 30~20億年前 原核生物の微化石

(参考:Wikipedia,地球史年表より筆者作成) 

□メモ(暫定版)

40億年前頃:原始生命の誕生

40億年前(±2億年):原始生命の誕生

この頃、原始生命が誕生したと考えられている。

※42億年前? :共通祖先?  

共通祖先に近い原始的な生物は好熱性を示すものが多く見られる。 例えば、真正細菌の根に一番近いのは超好熱性水素細菌である。古細菌でも根に近いものは好熱性のものに占められている。最も早い推計では、タンパク質アミノ酸配列の置換速度から、共通祖先は42億年前にいたとする研究がある。

ウィキペディア

→ 生命の起源

※38億年前(±3億年):真正細菌(バクテリア)と古細菌(アーキア)の出現。

32億年前:光合成生物出現 シアノバクテリア

□32億年前 :光合成をする生物が現れる。藍藻(シアノバクテリア)。  

・ストロマトライトとして痕跡を残した。ストロマトライトは藍藻(シアノバクテリア)の活動で形成された岩石。また、これよりも古い時代とする説もある。  

・遅くとも32億年前までには光合成をする生物が現れ、海中に酸素を供給しはじめた。  

・二酸化炭素光合成を行う生物が誕生すると、それらは二酸化炭素を酸素に変換するようになる。  

・さらに、二酸化炭素が生物の体内に有機物として蓄積されるようになり(炭素固定)、長い時間をかけて過剰な炭素は化石燃料、生物の殻からできる石灰岩などの堆積岩といった形で固定される。

27億年前

27億年前:シアノバクテリアが大量発生。

・この頃のシアノバクテリアの化石が大量に見つかっている。酸素の供給量が増加。

5億年前

5億年前

:生物活動の化石証拠

・地球上での最古の化石(西オーストラリア・ピルパラ地域からのバクテリアの化石)[13]。メタン生成の痕跡(西オーストラリア・ピルパラ地域から、同位体比率異常のメタン)

備考

参考文献

ウィキペディア

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました